9/2 中村蓉パフォーマンス @田名網敬一 BRIDGE展

 

 

中村蓉 ソロ・パフォーマンス
 
田名網敬一「BRIDGE」展
コートヤード広尾
 
オープニングスペシャル *エントランスフリー
9月2日(金)
19:00/20:00(各回約15分)
 
http://cy-hiroo.jp/exhibition/ (情報近日公開)
 
 
 
 
FullSizeRender (12).jpg
 
 
 
振付・出演 中村蓉
音楽:金井隆之
衣装:田村香織
 
展示企画:M&I 西山裕子(dance press tokyo)
企画協力 住吉智恵(TRAUMARIS)
 
 
 
日本を代表するグラフィック界の巨匠、田名網敬一の
国内初公開のアニメーション映像を
瀟洒な中庭の屋外デッキに大胆にプロジェクション。
「横浜ダンスコレクション2013」ダブル受賞など、
国内外で注目のダンサー・振付家 中村蓉が、
「不思議の国のアリス」に着想を得た
夢幻の田名網ワールドに身体ごとダイヴします。
ジャンベやマンドリンを駆使した金井隆之の音楽も
幻惑感を煽る、胸騒ぎの一夜、
清楚な芙蓉の花が妖しく香るベラドンナに変容する!?
 
 
中村蓉の新境地にご期待下さい。
エントランスフリー、ドリンクや軽食の屋台も出るそうですので
どうぞ夕涼みがてらお気軽にお越し下さいませ。
 
 
 
 
courtyardhiroo_correct_final.jpg
 
プロフィール
 
 
中村 蓉  Yo Nakamura
 
 
早稲田大学モダンダンスクラブにてコンテンポラリーダンスを始める。2009年より小野寺修二、近藤良平、室伏鴻の振付作品に出演、アシスタントを務める。小野寺修二振付「音楽劇 トリツカレ男」、近藤良平とのデュオ「恋のバカンス」、室伏鴻振付「墓場で踊られる熱狂的なダンス」等に出演。
2010年より自身の作品を創り始め、踊る身体を媒介に、音楽・言葉・物語・小道具・関係性、すべてを総動員してひとつの世界を創り上げる。神楽坂セッションハウス・横浜ダンスコレクションで受賞しベトナム・韓国でも上演した「別れの詩」などの作品があり、長編ソロ「顔」は公演評が産経新聞〈鑑賞眼〉(文:岡見さえ氏)に掲載された。DanceDanceDance@YOKOHAMA2015では15秒で横浜各地で踊るPR映像に振付・出演し、ダンス関係者のみならず幅広い好評を得た。「歌謡曲スイッチ」と題したワークショップでは、歌詞に出てくる登場人物になり切って踊るプログラムを各地で展開している。二期会オペラ「ジューリオ・チェーザレ」など演劇の振付・ステージングも担当。舞台以外にも郷ひろみ「笑顔にカンパイ!」MV、BeeTV「映画はスマホで」TVCM、シューズメーカー「アキレス・ソルボ」モデル、アヴリル・ラヴィーン「Hello Kitty」MV(井手茂太振付)等に出演。ルーマニア・シビウ国際演劇祭、イギリス ナショナル・シアター・ウェールズでのレジデンス、東アジア文化都市クロージングイベント式典(韓国光州・横浜)、六本木アートナイトDanceTruckProject、他にもベトナム・ハノイや韓国ソウルなどで公演し、国内外で活動している。
 
受賞歴
2012年ダンスコンテストNEXTREAM21審査員特別賞、第1回セッションベスト賞
2013年横浜ダンスコレクションEX審査員賞・シビウ国際演劇祭賞
2014年トーキョー×ソウルデュオダンスフェスティバル人気賞